消火設備

アイコンについて

  • エコマーク(タイプⅠ)
  • 自己宣言型(タイプⅡ)
  • RoHS指令(ローズ指令)
  • PFOS(化審法)
  • CUDマーク

水系消火設備スプリンクラー設備(放水型)

特長

放水型ヘッド等スプリンクラー設備
従来の閉鎖型スプリンクラーヘッドでは、高天井で大空間を有するもの、建物のアトリウム、吹き抜け等の開放的な空間で火災が発生した場合、熱又は煙が天井面まで到達しないことが考えられ、有効に火災を感知又は消火できない恐れがあります。

放水型スプリンクラーヘッドは防護空間を広範囲にカバーできるため、高天井のショッピングセンター、店舗、ホテル、倉庫などで活躍しています。 水源、加圧送水装置、配管、非常電源、放水型ヘッド等(感知部及び放水部)、制御部、受信部、手動操作部等により構成されます。
※本システムは、日本消防検定協会の放水型ヘッド等スプリンクラー設備のシステム評価(1号評価)を取得しております。 評価番号:S007号及びS016号

放水型ヘッド

図面ダウンロード

防火対象物に消火水を放出します。

電動ボール弁

図面ダウンロード

一斉開放弁を自動的に開・閉させるための弁です。

バルブヘッダー

図面ダウンロード

放水区域ごとに一斉開放弁を設置し、自動または手動で開放します。

制御盤

図面ダウンロード

防災センターなどに制御盤を設置します。火災の際、防災要員が放水する区画を判断し放水します。高天井部には手動起動装置を設置しますので、自動で消火するほかに、制御盤、手動起動装置から放水することができます。

手動起動装置

図面ダウンロード

手動により設備を起動させるもので、制御盤との連絡用電話も装備しています。

継電器盤

図面ダウンロード

電動ボール弁へ電源供給するための中継盤です。

感知器

火災の検知を行うもので、一般に炎感知器を使用します。


※その他にも、「初田コミュニケ―ションサイト」に掲載しております。

製品一覧

消火器