1. ホーム >
  2. 消火システム >
  3. 水消火設備 >
  4. パッケージ型自動消火設備 I 型

パッケージ型自動消火設備 I 型

エスピーアウル 【平成28年6月15日 新発売】

スプリンクラー消火設備と同等以上の消火性能を有し、代替設置を認められたパッケージ型自動消火設備 I 型です。

スプリンクラー設備に必要な貯水槽・ポンプユニットなどが不要なので、施工・維持管理も簡単!
火災発生を素早く感知し、確実に消火します。

◆エスピーアウル設置推奨物件
 床面積10,000㎡未満の病院・有床診療所・助産所・福祉施設

 → パッケージ型自動消火設備の設置基準 はこちら
※ 詳細につきましては弊社までお問い合わせください。

  • エスピーアウル

    ダウンロードページへ

    エスピーアウル

  • スプリンクラー消火設備に比べ、設置機器設備が軽減でき、導入コストを低減します

    水源、ポンプ、送水口、バルブユニット、流水検知装置、末端試験弁等不要。また、放出時以外は配管内が空の為、凍結、漏水の心配がありません。

  • 高性能消火薬剤で放射量を削減します

    スプリンクラー設備を設置するためには、最低12.8トンの水源水量が必要です。(80L/minタイプ8個同時放射時)
    エスピーアウルでは高性能消火薬剤を使用しているので、消火薬剤量は僅か220L(=0.22トン、風呂1杯相当)で設置可能です。

  • 見やすい地図表示(HUMAP)で、警報箇所が、一目瞭然

    万が一の火災発生時、素早く場所が確認でき、避難誘導が的確に行えます。また副受信機(オプション)を設置することにより、制御盤設置室以外のナースステーション等にも表示可能です。

  • 自動火災報知設備で培った、高度な技術を応用し、省配線化を実現し導入時の施行コストを低減します。

    エスピーアウルの配線方法

  • 火災警報(第一報)にて、現場確認し火災を発見した場合、オプションの手動起動装置を設置することにより、素早く消火を開始できます。

    エスピーアウルの手動起動装置

エスピーアウルの基本系統図、配線仕様、動作フロー
仕様
商品名 エスピーアウル
規格区分 パッケージ型自動消火設備Ⅰ型
型式番号 HPSS1-200
認定番号 PGA-005号
システム仕様 同時放射区域 最大21㎡ 放射時間 約2分45秒
最大区画数 200区画 使用温度範囲 0~40℃
配線 耐熱配線【※アドレスアダプターからアドレス無感知器は一般配線】
最大配線長 φ1.2mm時の伝送線最遠長600m
消火薬剤ユニット 消火薬剤 種類 第3種浸潤剤等入り水
内容積 112リットル×2本 耐圧試験圧力 1.6MPa
薬剤充填量 110リットル×2本 材質 SUS304
消火薬剤貯蔵容器 空重量 約40kg
充填ガス 窒素 容量 20リットル
最高充填圧力 14.7MPa(35℃) ガス重量 約3.2kg
容器弁 型式 HFV-40N 認定番号 よ-083号
電磁式弁開放器 型式 CS-24T 定格 DC24V/1.5A
圧力調整器 一次側圧力 14.7MPa 2次側圧力 0.85~0.95MPa
受信装置 本体 電源 AC100V 50/60Hz
非常電源 6Ah 容量 6Ah/5HR 型式番号 品評予第13~6号
10Ah 容量 10Ah/5HR 型式番号 品評予第14~1号
選択弁 定格 DC24V
ヘッド(放出口) 最大個数 4個/同時放射区域 材質 ニッケルメッキ
放射量 23.3リットル/min(0.1MPa時 1個あたり)
最大高さ 3.6m ヘッドピッチ 2.3m(R1.6m)
感知器 弊社指定の国家検定合格品の使用
分岐管(放出導管) 材質 C3604B 重量 約380g
耐圧試験圧力 1.6MPa
配管 主配管 材質 SGP 呼び径 25A
最大配管長 90m
枝配管 材質 C1220T 外径/内径 12mm/10mm
最大配管長 6m
手動起動装置(オプション) 型式 KG20C-10B型キースイッチ
種別 消火薬剤ユニット 受信装置
外形寸法 908(幅)×2000(高)×350(奥行)mm 540(幅)×1050(高)×180(奥行)mm
材質/塗装色 SPCC/マンセル:8N 鋼板/マンセル:5YB/0.5

※価格等については弊社営業担当者までお問い合わせください。

  • ▲ top of page