1. ホーム >
  2. 消火システム >
  3. ガス系消火設備 >
  4. 不活性ガス消火設備(IG-541)

不活性ガス消火設備(IG-541)

IG-541消火設備

IG-541消火設備は、大気組成成分である窒素(52%)・アルゴン(40%)・二酸化炭素(8%)の混合ガス「IG-541消火剤」を使用し、「人体への安全」「地球環境の保全」「確実な消火」を確保した消火設備として開発されました。 室内の酸素濃度を約13%に下げて消火すると同時に、室内の二酸化炭素濃度を3~4%に引き上げることで脳の呼吸中枢を刺激し、消火ガス放出下の火災時でも正常な退避行動が取れます。この安全性が欧米でも高く評価されています。

  • IG-541貯蔵容器

    ダウンロードページへ

    IG-541貯蔵容器

  • ガスを充填保存する貯蔵容器です。

  • 起動用ガス容器箱

    ダウンロードページへ

    起動用ガス容器箱

  • IG-541消火剤の放出を遠隔操作、自動で連動させるための起動用容器の格納箱で、起動用ガス容器、リリーフ弁、圧力スイッチ、電磁弁開放器を収納します。

  • 放出用連結管 (フレキシブルチューブ)

    ダウンロードページへ

    放出用連結管
    (フレキシブルチューブ)

  • IG-541貯蔵容器内のガスを集合菅に送り込むのに必要な連結管で、可境継手になっていて、強度もあり、取付けが容易です。

  • 噴射ヘッド

    ダウンロードページへ

    噴射ヘッド

  • 噴射ヘッドはガス量、放出速度などを考慮して慎重に設計選択することが必要です。

  • 制御盤

    ダウンロードページへ

    制御盤

  • 手動・自動火災表示灯、非常停止押釦、手動-自動切換えスイッチなどを備えており、設備全体の制御を行います。 尚、手動-自動の切替は鍵によって行います。

  • 手動起動装置

    ダウンロードページへ

    手動起動装置

  • 手動により設備を起動させるもので、電源・起動表示灯・起動押釦を備えています。

  • 選択弁

    ダウンロードページへ

    選択弁

  • 貯蔵容器ユニットを複数の防護区画で兼用するとき、任意の一区画を選択し消火剤を放出するために設置します。

  • 感知器

    ダウンロードページへ

    感知器

  • 火災の検知を行うもので、一般に自動火災報知設備の2種類の感知機を使用します。

  • ガス充満表示灯

    ダウンロードページへ

    ガス充満表示灯

    ガス系消火設備比較表

  • 防護区画の出入口付近に取付け、区画内にIG-541が放出された際に、点灯して区画内への立入注意を喚起します。

  • 警報スピーカー

    ダウンロードページへ

    警報スピーカー

  • IG-541消火剤が放出される前に退避を促すものです。

  • ▲ top of page