1. ホーム >
  2. 消火システム >
  3. 泡消火設備 >
  4. 水成膜泡消火設備

水成膜泡消火設備

油を抜きにして今日の生活は維持できません。燃料として、原料として、化学製品として、生活のいたるところに油が満ち溢れています。 消防用語では危険物と称されていますが、そのような危険物に対する消火手段として最大の効果を発揮するのが、泡消火薬剤を用いた泡消火設備です。水成膜泡消火システムは、フッ素系界面活性剤をベースにした泡消火薬剤をフォームヘッドから放射し、泡の被覆による窒息効果と冷却効果により消火する設備です。

  • フォームヘッド

    ダウンロードページへ

    フォームヘッド

  • 混合された泡水溶液を発泡させながら広範囲に泡を散布します。

  • 感知ヘッド(閉鎖型スプリンクラーヘッド)

    ダウンロードページへ

    感知ヘッド
    (閉鎖型スプリンクラーヘッド)

  • 火災発生時に熱を感知すると作動して配管内の充圧水を放射し、その作用で一斉開放弁を開かせ、システム全体を作動させる機能を発揮します。

  • プロポーショナー

    ダウンロードページへ

    プロポーショナー

  • 泡消火薬剤と水を比例混合する機能を有します。

  • 泡消火薬剤貯蔵槽

    ダウンロードページへ

    泡消火薬剤貯蔵槽

  • 泡消火薬剤を貯蔵し、作動時にその泡消火薬剤を混合器に送り込みます。

  • 湿式流水検知装置(アラーム弁)

    ダウンロードページへ

    湿式流水検知装置
    (アラーム弁)

  • 配管内の流水量をキャッチし、圧力スイッチを作動し、警報およびポンプ起動等の信号を発する装置です。

  • 一斉開放弁

    ダウンロードページへ

    一斉開放弁

  • 放射区画ごとに一個ずつ設置し、その区画の感知ヘッドまたは手動起動装置の作動で開放し、水をヘッドに送ります。

  • 手動起動装置

    ダウンロードページへ

    手動起動装置

  • 火災発生時、手動でシステムを作動させるための装置です。

  • ▲ top of page