1. ホーム >
  2. 消火器について >
  3. エアゾール消火具の処分方法

エアゾール消火具の処分方法

  • 品質保証期間の終了年月は缶底に表示されています。
    品質保証期間が過ぎたものは使用方法に準じ、古紙・ボロ布等に消火薬剤をしみ込ませ、燃えるゴミとして処理してください。

    処理する際は、消化薬剤が飛び散ることがありますのでご注意ください。

  • 缶はガスが完全に排出されたことを確認して、不燃物として処理してください。

    自治体のゴミの出し方や分別マニュアルに沿って,処理して下さい。

使用後の処置について

  • 消火薬剤が目に入ったり、皮膚・衣類などに付着したときは、速やかに水道水で十分に洗い流してください。
    尚、皮膚の痛みや異常、目の充血や痛みを感じたときには、医師の診察を受けてください。

    消火薬剤の付着した器物は、そのまま放置すると腐食など変質の恐れがありますので、すみやかに清掃してください。

    消火薬剤のかかった食べ物は、絶対に食べないでください。

  • ▲ top of page